動物看護師 資格

動物看護師資格を取る方法|なるには

動物看護師とは

最近では、子供の代わりにペットを可愛がる人が増えています。
子供が大きくなり、手が離れた夫婦や、子供がいない夫婦など、寂しい気持ちからペットを飼うケースも多くなり、ペットに掛ける費用も大きいようです。
また、可愛いペットのために、万が一に備えて、ペット保険に加入する人もいるようです。
近頃のペットでは、デリケートな仔も沢山いるようであり、ちょっとした環境の変化で、体調を崩すこともあります。
そのような場合に、動物病院に掛りつけを作っておくと良いかも知れません。
この動物病院で勤務する看護師のことを、動物看護師と呼びます。
動物病院では、資格が無くても働くことは出来ますが、きちんと専門学校に通って、動物看護師の知識を身につけることによって、就職や転職もしやすくなります。
動物看護師の専門学校は、いろいろとありますが、大抵のところでは、卒業すると、就職先も斡旋してくれますので、すぐに仕事をしたいと言う場合には、在学中に就職先を探してみても良いでしょう。
それに、トリマーの資格も一緒に取得しておけば、どちらの仕事も出来ますので、とても便利です。
働きながら通えるコースもありますので、興味があれば、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

動物看護師になるには

近ごろでは、犬や猫などの動物が大好きで動物に関わる仕事につきたいと望んでいる人が非常に多く見られます。
病気や怪我で苦しんでいる動物を助けたいという志を持って動物看護師になる人も男女ともに増加してきているのです。
動物看護師になるには、専門学校などでより高度な知識や専門的なスキルを身に付けなければなりません。

 

適切でスピーディーな処置を行えるように、さまざまな看護知識や技術を最大限に活かして、なるべく動物の痛みを和らげることができるよう努力を重ねていくことが何よりも大切なのです。
痛みを言葉で伝えることができない犬や猫たちが、安心して治療を受けられるように、動物看護師は非常に重要な役割を担っているのです。

 

動物看護専門学校などを卒業する際には試験を受けて合格すると、動物病院などに就職する人が多く見られます。
愛情を持って接することによって、動物の心と体の両方の痛みや不安に寄り添うことができるのです。
怪我や病気で苦しんでいる動物たちが、安心して傷を癒せる安全な空間を与えるために、動物看護師は大きな責任を果たすことが求められています。

 

このように、動物看護師には、スキルや知識はもちろん、高い志と動物に対する深い愛情も必要不可欠といえます。

動物看護師の資格を取る方法

動物看護師は、動物病院において、動物の診察や手術を行う獣医師のサポートをする人のことです。
その仕事は多岐にわたり、電話などの受付業務や経理、薬の管理、獣医師の補佐、検査、入院中の動物の健康管理があります。
さらに、医療器具の洗浄、院内の清掃なども行います。
また、飼い主に対して、病状の説明を行ったり、日頃のペットの健康管理の行い方を説明したりすることも大切な仕事の一つです。
動物看護士には、人間の看護師のように国家資格はありません。
民間のいろいろな団体が個別に資格を認定していますが、動物病院で働くために取ることが絶対に必要というわけではありません。
ただし、持っていれば就職の際には有利だと言えるでしょう。
2012年からは、全日本獣医師協同組合、日本動物看護学会など5つの団体が協力し、「動物看護師統一認定試験」が行われるようになりました。
今後は、「動物看護師統一認定試験」を受けて認定された人が動物看護士として働くのが一般的になると言われています。
「動物看護師統一認定試験」の受験資格としては、大学、短大、専門学校で動物看護学を履修しているか、動物看護師として3年以上の勤務経験があることとなっています。

動物専門学校


動物看護師資格を取るなら動物関連の専門学校に行くのも良いのではないでしょうか。
動物専門学校も様々な授業料も特徴も違いますから比較して選ぶと良いと思います。
よろしければこちらを参考にしてみてください。
動物専門学校

更新履歴

車買取相場診断テストプロミス土日相互リンク募集NKI