動物看護師の仕事内容

動物看護師の仕事内容

動物看護師の仕事の内容は、動物の診断や手術などを行う獣医師をあらゆる面でサポートをすることです。
診察時や手術時においては、獣医師の助手を務めます。
動物が動かないように固定したり、器具の準備や洗浄、後片付け、体温、脈拍の測定、尿検査、血液検査などを行います。
また、院内の薬を管理したり発注するだけでなく、獣医師が調合した薬を飼い主へ渡し、使用方法について説明することも動物看護士の仕事です。
さらに、メールや電話での受付業務、会計業務などの事務作業もあります。
入院している動物の健康管理を行うのも動物看護士です。
散歩をさせたり、グルーミング、トリミングなどを行いながら、動物の体調管理をします。
また、骨折で入院している動物に対しては、リハビリも行います。
その他には、院内の清掃や、タオルなどの洗濯をするなど、動物看護士の仕事はかなり多岐にわたります。
動物看護師になるには、人間相手の病院とは違い、国家資格や公的な資格はありませんが、動物たちの身体や病気、薬のことなどに関しての深い知識が要求されます。
薬を渡したり、病状を説明するのは、あくまでも飼い主であり、飼い主と上手にコミュニケーションを取ることが要求されます。